2012.02.24

今日は 過去の知人・ギタリストの木下尊惇を批判する

木下尊惇が福島原発によって避難している小学生を利用し
「復興」と言う名のもとに小学生のCD録音、CD制作費用として寄付金110万円を求めている
と朝日新聞に出ている。
木下尊惇がそういう人間なのは知っているが
被災者を利用した自分の「営業」をこの後に及んで続けている 
そのエセ「復興支援」活動にあきれる

本人が自腹でやるならまだしも、他人を巻き込み
「復興支援」にではなく
「CD制作」にお金を寄付させる
詐欺師と同じじゃないか
それは復興支援ではなく「CD制作」である
しかし そう言うと誰も感心を寄せないので
「復興」とか「和」と言う 
つまり それは営業の「話術」だ

110万円でCDを作る以前に 他に救うべき物はないのか?
これこそが 困っている被災者に必要なお金が届かない構図ではないのか?

「音楽家」のくせに やる事がくだらなすぎる
他人のカネで「復興」のCD作って 「復興」のコンサートして 
それで何かしたつもりになれるなら ナルシストの自己満足だ
音楽家として何かしたいなら さっさと原発を止めてくれ

自分は そういう活動はやらない
ただ 演奏する 誰のためでもない 何のためでもない
音楽がとても好きだ
だから これで生活している
この音楽で世界が変わるなら もうとっくに変わっている
原発には大反対だ しかしこれがそんな簡単な問題でない事くらいはわかる

音楽家は詐欺師ではない 
こういう人間と一緒にされたくない
迷惑だ

木下尊惇は
被災地では「夢よ未来よ・・」と必死になって歌っているが
東京では「下を向いて歩こう」と歌っている

 

これは
・被災者
・音楽家
・本当に復興支援をしている人達

に対して失礼だ

カテゴリー: ブログ パーマリンク

2012.02.24 への1件のフィードバック

  1. ねこさん より:

    なんだ この歌

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中