2014.12.26 parte 2

自分が最も影響を受けたギタリストの一人であるアルゼンチンのRicardo Moyanoが2015年2月に来日します。
細かい事は言いませんが、独創的で個性的で、演奏は常に即興的で、本当に素晴らしい音楽家です。
こんなギタリストはいないと思います。

Ricardoはソロ公演もありますが、それとは別で彼と一緒にコンサートをできる事になりました。
ぜひ、この機会に彼の素晴らしい演奏を体験してください。
デュオ公演は関東で3カ所やります。深谷、東京、日高。
以下詳細です。

『Ricardo Moyano×Shin Sasakubo』

2月6日 エッグファーム(埼玉県深谷市櫛挽140-1)
開演:19時/前売り料金:4000円(1ドリンク付き)当日は:4500円
予約:shinsasakubo@hotmail.com 080-5080-7399(ササクボ)

2月7日/三軒茶屋KEN(東京都世田谷区太子堂4-8-3 B102)
開演:15:30(開場15:00) 料金:3000円
予約:shinsasakubo@hotmail.com 080-5080-7399(ササクボ)

2月8日/ Galeria de Cafe limon(埼玉県日高市横手1-17-2)
開演:14:00(開場:13:30)料金:3000円
予約:shinsasakubo@hotmail.com 080-5080-7399(ササクボ)
042-978-5353(ガレリアデ・カフェリモン)

RICARDO×SHIN

RICARDO ×SHIN 裏

Ricardo Moyanoについて。
アルゼンチンの田舎町La Rioja生まれ。
軍事政権に反対したアルゼンチンの重要な作家である父と共に幼少の頃にスペインへ亡命。
人生における亡命と旅と出会いが彼の音楽的要素の根源となる。
亡命先の地でマドリード王立音楽院やフランスの音楽院にてクラシック/古楽を学び天才演奏家と評判になるも、自国アルゼンチンのフォルクローレやラテンアメリカ音楽に回帰。
その後イスタンブールに移住し、トルコ音楽も演奏する即興の名手として知られ世界中で演奏活動を続けている。
南米フォルクローレ、西洋古楽、東洋音楽を融合した即興的で変化自在な音楽は非常に独創的で個性的と高く評価されている。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中