2017.06.30

大阪で個展をやります。
笹久保伸 秩父前衛派の美術作品の展示です。
7/26はオープニングでソロライブをやります。
ぜひこの機会に、お待ちしています。

武甲山写真集も完成するので持って行きます。

7月26日 「武甲山と秩父前衛派展&ライブ」
(展示は7/26~8/11)
場所:旧H&H japanショールーム(ギャラリーヨルチャ隣接)
大阪市北区豊崎1-1-14 出演:笹久保伸、イルボン(詩人)
開場19:00(展覧会OPEN)/開演20:00
料金¥2,500 予約:gallery.yolcha@gmail.com/090-3673-0337
—-

僕は音楽家を続けながら現代美術作家としても制作を続けてきました。
アート集団「秩父前衛派」という名義でこれまでに総勢30人くらいのメンバーと日々活動してきました。
7月に大阪で開催する個展で、僕らは秩父から武甲山を運びます。
作品が間に合えば秩父の20代の天才作家・名前原晃有さんの作品も大阪へ運ぶ予定。
名前原晃有は数世紀に渡り武甲山を守ってきた名真井原一族の最後の末裔で山師・農人で天才アーティスト。
西暦500年代に武甲山・名真井原に星の神を2神祀ったという記録もある、そこ出身のある意味、天然記念物より貴重な存在。
「彼の一族=武甲山」なので、その作家性ポテンシャルはハンパじゃない。

名真井原の一族は秩父における古い武甲山信仰や、呪術、信仰軸にも関係しているようで、
秩父の古い武甲山信仰軸である八井田ー中野原ー名真井原ー大蛇窪(御旅所の成立)にも関係しているらしい。
これは通称・神の道と呼ばれるもので、秩父夜祭の基となる武甲山信仰の軸。

彼を見ていると、やっぱり世の中には「持っている人」と「持っていない人」がいるんだな、と痛感させられる。
例えば僕は武甲山を研究しているけど、どんなに努力しても彼のような「武甲山=運命」みたいなものは持っていない。
持っていないというか、背負っていない。そういう星の下に生まれていない。
仮にどんなに絵が上手で技術があって努力もして、上手に武甲山を描けても、
やはりそれだけでは何かが足りないように、
その星の下に生まれたものにしかできないものこそ最も輝く、ということを僕は自分の活動の中から学び、よく理解している。
それはクラシックギターを弾いていても、アンデス音楽を演奏していても、ずっと感じ続けてきたことでもある。
秩父でも同じように文化の「本当の当事者」と「それ以外」がいる。
逆に言えば、いくら当事者になろうとしても、なることはできない。
名前原晃有という強烈なアーティストの存在を前に、自分に何ができるのかを日々考えながら彼と一緒に作品を作っている。

秩父前衛派、そろそろニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリなどで武甲山の個展をやりたい。
支援、協力、お金出してくれる方、何卒よろしくお願いします。
僕らには唯一「お金」がありません。

広告
カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中