2017.11.22

【秩父で起きた山の事故について】

秩父の山や武甲山に多少関わっているので自分の意見を書きます。
残念なことに秩父のトレイルランで滑落して人が亡くなりました。
亡くなった方、ご家族にお悔やみ申し上げます。

自分は、スポーツは素晴らしいものだと思っています。
同時に、山を走るというのは物凄くリスクのある行為でもあります。
山では走らなくても死んでしまうことがありますし、山というのはいつ誰がそこで死んでもおかしくないものです。
昨年はトレランの練習で一人亡くなり、今回は二人目です。
秩父でおこなわれる山のスポーツによる滑落事故で死者が出るのは大変残念な事です。
すでに死人が出ている企画に行政が協力するというのに危うさを感じます。
もちろん走る人々は「死ぬ覚悟」で走るかもしれませんが、
死人がでれば捜索する人、周りが大変な思いをするのは想像できます。
どんなに楽しいスポーツでも、人が死んでしまったら周囲はそれを「楽しいスポーツだ」と喜べなくなってしまいます。

また別の意味でトレランには賛否両論あり、走っている走者は楽しいと思いますが、
山を走っている人が普通の登山者にぶつかったり、プレッシャーをかけたりするので、ゆっくり登山をしている人は大変迷惑に思っている人もいます。
また、数百人が一斉に走れば道は荒れ山の自然植物にも影響が出るでしょう。
とはいえ、山を駆け抜ける楽しさを十分理解していますし、僕もよく山麓へランニングに行きます。

最後に、自分の個人的な意見ですが
この武甲山周辺は素晴らしい「一般登山コース」です。
これを見ている中にもこのコースに愛着のある人はたくさんいると思います。
僕は、このコースを人が死ぬ山にして欲しくない、と思います。
これは特別危険なコースなのではなく、普通に歩くなら皆が楽しめるごく普通なコースなのです。
見ての通り、武甲山の表斜面は破壊されていてもう登れません。
その武甲山の裏斜面で死人が出る競技を企画をする、
それは秩父の美しい自然を多くの人々に楽しんでもらうのとは真逆の事をしていると僕は思います。

#FunTrails #3rdFunTrails100K50K実行委員会
#埼玉県山岳連盟 #秩父市旅館業協同組合 #武甲山
#秩父市 #久喜邦康 #秩父山岳連盟
#飯能市 #飯能市教育委員会 #一般社団法人奥むさし飯能観光協会
#毛呂山町 #秩父観光協会

広告
カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中