2017.12.06

「秩父夜祭」(12月3日)が終わると、秩父には寒い冬がやってくる。(もう十分寒いけど)
祭が終わると何とも言えない気分になる。
今年も終わりか、冬が来るのか(来たのか)みたいな感じ。
その点で祭りは暦なのだ、と感じる事ができる。

祭では武甲山へ向けて神事がおこなわれていた。
いつも通りの厳かな神事だった。
同時に、肝心のこの山(秩父神社の神体山=武甲山)は毎日爆破されているのに、
人々は一体何に祈っているのだろうか、と思いながら御旅所での神事を見た。
祭に夢中で、もはや神の爆破・破壊は見えていないのか。
それはまるで、月を見ずに月を指差す「指」を見ているかのように。
(指が月をさすとき、愚者は指を見る)

“Don’t think feel.
It’s like a finger pointing away to the moon.
Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.”

#秩父神社 #秩父夜祭 #武甲山
#秩父市 #横瀬町 #環境破壊

広告
カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中