2015年3月28日

新作(音楽作品)を作るために民俗学(日本の古代信仰)を勉強している。
日本古語で蛇の事を「ハハ」と読んだらしい。
もしも秩父神社の柞の森が母巣森ではなく、本来は『蛇巣森』だとしたら、
すべてが理解できる。

武甲山の武山に大蛇窪という故地がある。
柞の森(蛇巣森)→御旅所→武甲山の大蛇窪は南北に一直線で繋がっている。
昔の秩父夜祭りは、山車が進むルートが現在とは異なり、神社から番場を通り御旅所に一直線上に進んでいた。
それはこの南北の線上を進んだという事になる。

古代秩父の信仰の蛇、これは縄文に由来すると同時に信州の諏訪信仰にも由来している。
秩父夜祭りは武甲山の神と秩父神社の神が年に一度出会う、とされている。
しかし武甲山の本妻はお諏訪様。
つまり妙見信仰が入ってくる以前の秩父の信仰が蛇神を祀る諏訪信仰であったという事の名残では。

古代信仰によると蛇は祖先霊であるらしい。
プリミティブに考えると、祭りは祖先の霊を鎮魂する祭りだったのだろうか。
蛇神を山に還す=祖先の霊を嶽山(武甲山の古名)に還したのか。
と同時に、蛇は水神であろ、田んぼ、農耕の神でもある。
それは古代の人々が蛇の姿を男根と考え「種」つまり農耕の五穀豊穣や子孫繁栄的な意味も含む信仰があった、
というような事が資料に書いてある。

なぜお祭りが12月3日だったのだろう。
そもそも12月3日だったのかはわからない。
陰陽五行あたりにヒントがありそうだけど、まだわからない。

カテゴリー: ブログ | コメントする

2015.03.11

3月21日に秩父市の上町にあるワプラスというカフェでライブします。
(西武秩父駅から徒歩12分くらい)
アンデスのギター音楽と秩父の音楽を演奏します。
19時からです。詳細はこのチラシに。

1017549_849648298433173_4285132833150483729_n

カテゴリー: ブログ | コメントする

2015.02.25

笹久保伸、新作を録音しています。
助成金を申請しましたが見事に落ち、制作資金がまったくなく、
皆様に制作のための寄付をお願いしています。
僕の音楽に賛同いただける方、よろしくお願いします。

募金者の方々へのお礼として、
◉募金者の方々のお名前をCDに記名します。(本名、会社名、ニックネーム、など)
◉募金者の方々には完成したCDを一枚差し上げます。

振込先は
埼玉りそな銀行
秩父支店(普通)
4530112
ササクボシン

このアルバム制作の動画1
https://www.facebook.com/video.php?v=697658673684326&set=vb.100003205982109&type=3&theater

動画2  

このアルバムは秩父での活動からのコンセプトに基づいていますが、
アンデス音楽、現代音楽、秩父音楽、クラシックなどを漂流したところでさらに彷徨い続けている音楽です。

カテゴリー: ブログ | コメントする

2015.02.16

Ricardo Moyanoとのツアーが終わった。
東京、深谷、日高、京都、神戸、大阪の6公演だった。
毎日演奏していたのだけど、その中で夜中の12時から朝7時30分まで秩父のスタジオでレコーディングをした。
リカルドは恐ろしくタフな人だった。
公演の合間に観光もした。龍安寺、金閣寺などなど。

昨日で国際ギターフェスも終わりRicardo Moyanoは今日トルコへ帰る。
(そもそも今回リカルドはギターフェスに招待され、国際ギターコンクールの審査員もしたり、マスタークラスをやったりしていた。)

リカルドとのツアーは自分にとって久々に超濃い2週間だった。
2月1日の彼の初コンサートでは本当に衝撃を受けたし、
共演していても演奏が毎日全然違うので毎日衝撃を受けた。彼のタフさにも衝撃を受けた。
彼のレコーディングにも立ち会えて勉強になった。
彼と一晩中(毎晩のように)話した軍事政権下のアルゼンチンの話し、有名な作家である彼の父親の話し、親友であるCarlo Domeniconiやマルコ・メローニの話し、生い立ちの話し、旅と出合いの話し、演奏技術の話し、和声の話し、作曲の話し、どれもすべてが強烈だった。
この二週間、日本にいては体験できないような体験をできた。
リカルドは天才で、エキセントリックで、もうなんていうか、本当にすべてが凄くて、そこから色々な事が垣間みれて、色々わかった。
僕は今秩父でこうしてPCに向かって記事を書いているけど、ツアーを終えて抜け殻のようになっているし、全然ギターを弾く気にならない。
Ricardo Moyanoは本当に衝撃的な音楽家だった。IMG_3255

IMG_3241

IMG_3270

IMG_3305

IMG_3346

IMG_3468

今年まだ2ヶ月しか経ってないけど、今年最大のイベントが2つ終わった。
◉ 高橋悠治 全ギター作品の録音(コジマ録音より6月に発売)
◉ Ricardo Moyanoとの日本ツアー公演
これが僕の今年の2大イベントだった。
今年はもうこれで終わってもいいくらい充実していて、最高の経験になった。
だけど、今年は予期せぬ形での海外公演が入り、これからその準備をする。
それと、秩父前衛派のCDも現在録音中なので、明日からまたその制作に戻る。
それが終わったらまたもう少し深い意味でギタリスティックな活動もしたいと思う。

カテゴリー: ブログ | コメントする

2015.01.19

神奈川県の某ホールにて2日間かけて新作の録音をおこなってきた。
『高橋悠治ギター作品集』という企画で、高橋悠治さんの全ギター作品を録音。
6月にコジマ録音から発売予定です。
スタジオ録音が多いけど、ホールで録音するのも楽しかった。
10420114_696107967172730_1203088684436172070_n

10898062_696273273822866_962594521600932566_n

今週はもう一つ『秩父前衛派』のアルバムの録音があるので、帰宅してすぐに練習を開始。
これが終わるとRicardo Moyanoとのツアーが始まる。
満席になりそうな公演もでてきているので予約はお早めに。
世界広しといえどもこんなギタリストはいない。すごい音楽家だと思う。
Ricardo Moyanoの長崎公演は山下和仁さんの奥様であり作曲家の藤家溪子さんが企画されています。
彼らが企画するというのは異例だと思うし、リカルドがどれほど評価されている演奏家なのかがわかる。
長崎にも聴きに行きたい・・・。

カテゴリー: ブログ | コメントする

2015.01.25

秩父前衛派にも参加しているアンデスの歌い手Irma Osnoさんが
今日 松任谷由実さんの録音に参加しました
2月に苗場である松任谷さんのコンサートでその音源が流れるそうです
ご興味あるかたはぜひ行ってみてください
——
リカルド・モヤーノ×笹久保伸の日本ツアーが確定しました
以下、全6公演行います
ぜひお越し下さい!
ご予約は僕の新しいアドレス 
sasakubox@gmail.com
までお願いします。

♦2月6日 エッグファーム(埼玉県深谷市櫛挽140-1)
開演:19時/前売り料金:4000円(1ドリンク付き)当日は:4500円
予約:sasakubox@gmail.com (ササクボ)

♦2月7日/三軒茶屋KEN(東京都世田谷区太子堂4-8-3 B102)
開演:15:30(開場15:00) 料金:3000円
予約:sasakubox@gmail.com (ササクボ)

♦2月8日/ Galeria de Cafe limon(埼玉県日高市横手1-17-2)
開演:14:00(開場:13:30)料金:3000円
予約:sasakubox@gmail.com (ササクボ)
042-978-5353(ガレリアデ・カフェリモン)

◆2/9(月)京都・喫茶GABOR
 当日¥3,000/前売ペア¥5,000 ※1ドリンク別
 開場19:30 /開演20:00
◆2/10(火)神戸・Bar Request  
 当日¥3,000/前売ペア¥5,000 ※1ドリンク別
 開場19:30/開演20:00
◆2/11(水・祝)大阪・豊崎長屋主屋
(ギャラリーヨルチャ斜向かい)大阪市北区豊崎1‐1‐3 当日¥3,000/前売ペア¥5,000
 開場14:30/開演15:00

カテゴリー: ブログ | コメントする

2015.01.19

『Ricardo Moyano×笹久保伸』
関西ツアーの詳細です。
関西の方々、ぜひシェア&告知のご協力をお願いします!
Ricardoは素晴らしいギタリストです。
元々はフォルクローレその後、亡命先で西洋音楽を学び、現在はトルコ在住の
超個性派ギタリスト。

◆2/9(月)京都・喫茶GABOR
 当日¥3,000/前売ペア¥5,000 ※1ドリンク別
 開場19:30 /開演20:00
◆2/10(火)神戸・Bar Request  
 当日¥3,000/前売ペア¥5,000 ※1ドリンク別
 開場19:30/開演20:00
◆2/11(水・祝)大阪・豊崎長屋主屋
(ギャラリーヨルチャ斜向かい)
 当日¥3,000/前売ペア¥5,000
 開場14:30/開演15:00

●Ricardo Moyano(リカルド・モヤノ)
アルゼンチンの田舎町La Rioja生まれ。軍事政権に反対したアルゼンチンの重要な作家である父と共に幼少の頃にスペインへ亡命。人生における亡命と旅と出会いが彼の音楽的要素の根源となる。亡命先の地でマドリード王立音楽院、フランスのスコラカントルムにてクラシック/古楽を学び天才演奏家と評判になるも、自国アルゼンチンのフォルクローレやラテンアメリカ音楽に回帰する。その後イスタンブールに移住し、トルコ音楽も演奏する即興の名手として知られ世界中で演奏活動を続けている。南米フォルクローレ、西洋古楽、東洋音楽を融合した即興的で変化自在な音楽は非常に独創的で個性的と高く評価されている。

カテゴリー: ブログ | コメントする