2017.09.17

2017年9月29日〜10月9日まで、千葉県の市原湖畔美術館にて展覧会をおこないます。
メディア用に書いた展覧会のプレスリリースをここへ掲載します。
美術館のHP: http://lsm-ichihara.jp/20170929

————
秩父前衛派展

秩父前衛派は奥秩父山塊を背後に感じながら2009年に活動を始めた。
活動以前に、笹久保伸と青木大輔が中学時代の夏に秩父郡大滝村の中津で出会いそこからすべてが始まった。

秩父前衛派の追いかける「前衛」は秩父の土着精神、民俗文化、
盆地の生活から生まれる思想に内在する前衛性や奥秩父山塊から見て前衛に位置する山=独立峰「武甲山」の立ち位置(存在)
がコンセプトであり、それらを追いかけて日々野山を駆け巡りながら秩父の「前衛」にフォーカスする作品群を発表してきた。

今回の展示は秩父の象徴である神の山と言われながらも破壊されて続けている『武甲山』の破壊と記憶にフォーカスしている。
古くから秩父の信仰的な山である武甲山は日本の経済成長の裏側で山肌が採掘されてハリボテ姿になった。武甲山は石灰岩で、セメント鉱山の山である。

武甲山という問題を前にする時、我々の時代においての産業、環境、信仰とは何なのか、また、神の存在とは一体何なのかという事を考えさせられる。
都市の発展の裏側では田舎地域の神的なものは爆破され「神」「環境」「地域の心」は経済に否定され続けている。
しかしこれは小さな田舎町の問題というわけでもない。
僕らが秩父の「武甲山」に見ているものは、地球上の文明の裏側の風景でもある。
資本の運動がヒューマンスケールを遥かに超え、その大きな車輪が坂道を転げ落ちながら自然も山も森も神も人間の心も踏みつぶしながら進んで行く(落ちてゆく)様子、
自然資本経営による文明の発展とその裏側で破壊され続ける世界中の田舎の風景が武甲山から見えてくる。

僕らは爆破される武甲山を日常風景として見ながら育った。
いわゆる「神」のような存在、つまり信仰の対象を爆破するのはテロリストだけだと思っていたが、
「経済」を理由に「神」=自然、山、森は爆破されているということを武甲山を通じて知った。
テロリストが信仰の対象を爆破するというのは、信仰の対象(石仏など)を爆破することによってそれを信仰している人々の心を破壊するという意味を持つ。
信仰の対象を破壊をする事情や目的は違っても、秩父の象徴である神の山『武甲山』が破壊されるということは、
数千年もの間この山に祈ってきた秩父盆地の人々の心が破壊されたという意味を持つ。

地域の象徴である神の山が爆破されている風景、それは「神殺しの風景」である。
普通に考えれば神は爆破すべき存在ではない。だが秩父では毎日爆破している。
もはやそれは芸術作品よりも「前衛的」ですらある。
そのような特殊(異常な)環境で育った秩父のアーティストたちはいつしかその「記憶」を辿り直しアート作品へとアウトプットし始めるようになった。

笹久保伸(秩父前衛派)2017年9月

広告
カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2017.09.16

8月に新しいCD「ギター」をリリースしました。
それに関連し、10月5日に代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」にてソロライブをおこないます。
この公演をぜひ聴いていただきたいです。

予約は僕にメールでも大丈夫です。
sasakubox@gmail.com

場所:代官山「晴れ豆」
150-0034 東京都渋谷区代官山町20-20
モンシェリー代官山B2
T. 03 5456 8880 F. 03 5456 8881

http://mameromantic.com/?p=54470

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2017.08.18

【美術館で展覧会をやります】

秩父の気鋭作家たちと制作する「武甲山 破壊の記憶の走馬灯」
秩父前衛派は近年、秩父の破壊されゆく山「武甲山」をテーマとした作品を制作してきました。
経済・産業の名の下に都市発展の裏側で田舎の自然環境が破壊されるという世界共通の問題を秩父で発見し、
資本の動きがヒューマンスケールを越えた「田舎の絶望風景」を日々目の当たりにしながら作品へとアウトプットし続けています。

展覧会は千葉県、市原湖畔美術館にて、9月29日〜10月9日まで。
美術館のHP:http://lsm-ichihara.jp/

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2017.06.30

大阪で個展をやります。
笹久保伸 秩父前衛派の美術作品の展示です。
7/26はオープニングでソロライブをやります。
ぜひこの機会に、お待ちしています。

武甲山写真集も完成するので持って行きます。

7月26日 「武甲山と秩父前衛派展&ライブ」
(展示は7/26~8/11)
場所:旧H&H japanショールーム(ギャラリーヨルチャ隣接)
大阪市北区豊崎1-1-14 出演:笹久保伸、イルボン(詩人)
開場19:00(展覧会OPEN)/開演20:00
料金¥2,500 予約:gallery.yolcha@gmail.com/090-3673-0337
—-

僕は音楽家を続けながら現代美術作家としても制作を続けてきました。
アート集団「秩父前衛派」という名義でこれまでに総勢30人くらいのメンバーと日々活動してきました。
7月に大阪で開催する個展で、僕らは秩父から武甲山を運びます。
作品が間に合えば秩父の20代の天才作家・名前原晃有さんの作品も大阪へ運ぶ予定。
名前原晃有は数世紀に渡り武甲山を守ってきた名真井原一族の最後の末裔で山師・農人で天才アーティスト。
西暦500年代に武甲山・名真井原に星の神を2神祀ったという記録もある、そこ出身のある意味、天然記念物より貴重な存在。
「彼の一族=武甲山」なので、その作家性ポテンシャルはハンパじゃない。

名真井原の一族は秩父における古い武甲山信仰や、呪術、信仰軸にも関係しているようで、
秩父の古い武甲山信仰軸である八井田ー中野原ー名真井原ー大蛇窪(御旅所の成立)にも関係しているらしい。
これは通称・神の道と呼ばれるもので、秩父夜祭の基となる武甲山信仰の軸。

彼を見ていると、やっぱり世の中には「持っている人」と「持っていない人」がいるんだな、と痛感させられる。
例えば僕は武甲山を研究しているけど、どんなに努力しても彼のような「武甲山=運命」みたいなものは持っていない。
持っていないというか、背負っていない。そういう星の下に生まれていない。
仮にどんなに絵が上手で技術があって努力もして、上手に武甲山を描けても、
やはりそれだけでは何かが足りないように、
その星の下に生まれたものにしかできないものこそ最も輝く、ということを僕は自分の活動の中から学び、よく理解している。
それはクラシックギターを弾いていても、アンデス音楽を演奏していても、ずっと感じ続けてきたことでもある。
秩父でも同じように文化の「本当の当事者」と「それ以外」がいる。
逆に言えば、いくら当事者になろうとしても、なることはできない。
名前原晃有という強烈なアーティストの存在を前に、自分に何ができるのかを日々考えながら彼と一緒に作品を作っている。

秩父前衛派、そろそろニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリなどで武甲山の個展をやりたい。
支援、協力、お金出してくれる方、何卒よろしくお願いします。
僕らには唯一「お金」がありません。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2017.06.21

Luchin(Victor Jara)

凧のように壊れやすいバランカスの屋根の上で
少年ルチンは遊んでいた
紫色の手をして
布のボールと猫と犬と一緒に
馬がそれを見ていた

彼の潤んだ瞳の奥に
澄んだ緑が水浴びしてる
布のボールと猫と犬と一緒に
おしりを汚した子供がハイハイしてる
馬がそれを見ていた

その狭い場所では馬もまた遊び道具で
彼もまるで動物みたいにその仕事が好きだった
ぬれたルチートは布のボールと猫と犬と一緒に

もしルチンのように土を食べたり
虫を食べたりしている子供達がいるなら
すべての鳥籠を開けよう
鳥たちのように羽ばたけるように
布のボールと猫と犬と馬も一緒に

※翻訳:笹久保伸 (2017)
———-
※ルチンは、1971年にチリで作られた。
ルチンというのは少年の名前で、ルチンはチリの大寒波の被害の時に貧民街から町に逃げてきた難民の子供。
(当時の南米はものすごい社会格差と貧富の差があった。)
ルチンは10人兄弟の末っ子で、貧しく、道端に荷物のように捨てられていた。
それをたまたま見つけたビクトル・ハラが病院に連れて行き、援助し、またスラムに送り届けた。
この曲はその少年との交流を歌にしたもので、有名な曲。
ビクトルは生前「こういう貧しい少年が20年後、15年後にチリの工場のリーダーになるんだ」と語っていた。(こういう少年たちがチリの未来の社会を作っていくんだ、という意味)

その直後にチリはアメリカのCIAが送り込んだ工作員によって軍事クーデターが起き、
軍が大統領を殺し政権を奪う。
貧しさの現実や軍事政権批判をする歌を歌ったビクトルは1973年に44発の銃弾によって暗殺された。
ビクトルの暗殺から44年後の2017年、大人になったルチンは弁護士になっている。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2017.06.10

近いうちに「武甲山」写真集が発売になります。
武甲山と言うボロボロの山の麓で育ったアーティストという立ち位置から
自分の根源を辿るために登山し撮影してきたアート写真集。

全国、全世界の新聞、雑誌、TV、ラジオ、各メディア関係者の方々、
ぜひ取材してください。

Pronto estoy editando un libro de fotografia,
se llama, “Mt Bukoh for children of the future”
Mt bukoh es una montaña sagrada de Chichibu.

Chichibu es un pueblo que pertenece a perfectura de Saitama.
geográficamente es una zona de montaña,una zona magica de folklore y de historia.
históricamente Mt.Bukoh era una montaña de fe.
el agua viene de esta montaña y nacio historia de agricultura en este pueblo.
los pobradores ancestrales pensaban que es una montaña sagrada.
hay una creencias ancestral, los muertos sevan a este montaña.
por eso hasta ahora existe gran fiesta sobre esta montaña BUKOH.

Actualmente Mt.Bukoh esta en fuerte destrucción ambiental por razones minerales.
la situación de naturaleza cada dia empeorando como las minas de todo el mundo.
soy de este pueblo, crecí con este paisaje y de todas maneras en aca yo siento algo de mi identidad,
uno no tiene forma de escapar sobre la realidad lo que vivio.

Entonces, yo empece subir la montaña y tomando la foto,con pasion de artista.
Históricamente,era(es) muy complicado hablar sobre esta montaña en este pueblo,
porque en los ultimos cien años pueblo vivieron de esta destruccion de montaña sagrada.
eso lo que pasa en todo el mundo, es realidad de este mundo.
creo que ya no necesita mas expricacion.
Yo estoy editando libro de fotografia.
no tanto como un documental,sino como Artista.

Si hay algun media de la comunicación que puede hacerme entrevista sobre mi proyecto agradeceria mucho.
y si hay alguien que esto puede escribir en ingles y difundir en todo el mundo, agradeceria muchisimo.

Shin Sasakubo.

————–
Amazonのリンク
https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E7%94%B2%E…/…/4906913644…

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2017.06.10

久しぶりに秩父で演奏します。
笹久保伸×青木大輔の演奏で、フォルクローレを演奏します。
あまり秩父で演奏してないので、ぜひこの機会に聴きにいらしてください。
——————-
【自然派ワインのおいしい話】
2017.06.25 sun / 16:30開始(16:00会場)
前売券:5,000円(赤ワイン・白ワイン各3種)
音楽演奏:笹久保伸×青木大輔
司会:浅見裕
ワインセレクト・おはなし:田中ちひろ
https://www.facebook.com/events/1405879666136824/?acontext=%7B%22ref%22%3A%22106%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ