2016.02.08

『Ground Zero または新・武甲山神話』

古代より地域の神の山、信仰の山として崇められ愛されたこの山は、
たった50年の産業のためにあっけなくハリボテの山になり、武甲山を取り巻く信仰、自然環境、
人々の思いそれらは都会の発展のための白い粉塵となった。
武甲山をグラウンドゼロと捉える。

地域の神を破壊された秩父の民衆が信仰的虚空状態に陥り路頭に迷うのを防ぐために
地域の宗教者たちはありとあらゆる知恵をしぼり武甲山の破壊の正当性の解釈についてを必死に考える。
それは1000年後の神話のためだろうか。
神話はそういう時間の積み重ねによってページ数を稼ぐ。
1000年後の君たちのティータイムを楽しませるためか。

武甲山=グラウンドゼロに置き捨てられた重機に自生したこの草からこの地の新しいアニミズムが生まれ直す。
それは1000年後の神話の第1ページ目に登場する、蛇の翼から眺める武甲山の孤独の骨の夜である。
武甲山の洞窟から見えるのは青い空。
3016年12月3日、この洞窟に暮らす蛇は青い空に出て民衆に語る。

「神は1000年前に死んだ」という事を。

 

『超・神話的 武甲山/または蛇の翼』第653章より抜粋。
P1290105

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2016.02.07

【武甲山の変化と清水武甲についての思考】

秩父の伝説的な写真家、清水武甲は美しい武甲山を撮った。
清水武甲はどうして武甲山をたくさん撮ったのだろうか?
まるで近い将来破壊されるのを予測し、その記録のスタートを撮るかのように美しい武甲山を撮り始め、そして武甲山を撮り納めた。

私たちの時代には、もうあの美しい武甲山はない。
里の人々が武甲山に見ているのは『武甲山の幻影』だろう。

清水武甲が撮った美しい武甲山はもう誰にも撮れないが、清水武甲が撮れなかった武甲山の残骸が私たちの目の前にある。
記録という視点から見れば、痛々しい残骸を撮り続ける事も必要なのかもしれない。
芸術という観念においては破壊も含めた美学というものが存在する。
例えば、破壊の歴史を含めた上で、ボロボロに爆破された神の山の残骸を撮り、記録とはまた別の意味での写真芸術上の美学を映し出す事もできる。
ただ、それは悲しい事だ。

地域の象徴とされる武甲山は、観光ポスター、祭りポスター、イメージキャラクターなどにしばしば登場する。
武甲山は確かに現代においてもこの地の象徴であり続けるが、それはもうこの地の歴史や文化や里の美の象徴ではない。

11951476_1635531100032321_6381088620617684006_o

FH000015

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

アートで秩父をtraversしている。
僕はいつ『秩父』という峠を越えられるのだろうか。

トンネルは青空へ向かっている。
出口を探して彷徨う旅人の樹。
トンネルを出れば狼の翼。
12124468_410721955764946_1309634088_o

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2016.01.20

気がついたら2016年になっている。
最近はFacebookやTwitterを書いているのせブログ更新が遅くなった。

活動はしていて、新しいCDを出す準備を進めています。
25枚目となる次作はギター1本による即興です。
もう録音は終わり、マスタリングをしています。
毎度の事ながら資金不足で募金をお願いしています。
https://www.facebook.com/shinsasakubo/videos/vb.100003205982109/859589624157896/?type=3&theater

2016年は3枚のアルバムを出したいと予定していて、25枚目は上記の作品、
26枚目はギターソロのアンデス音楽。
27枚目は若手で才能のある電子音楽家とのコラボ。

それ以外に「秩父前衛派」としては
3月20日から瀬戸内国際芸術祭に招聘していただき、展示をする事になっています。
ここでは石の作品と、音響インスタレーションを制作します。
今回の秩父前衛派のメンバーは、笹久保伸、青木大輔、Koji Asano、粟津ケン、Mr X、の5人。
小豆島での展示となります、ぜひ観に来てください。
それとはまた別途、都内での別の個展を予定しています。

秩父前衛派は今年、音楽、美術、映画、写真、登山、郷土文化、などの分野でマクリヒロゲていきます。

FH000015

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2015.12.25

どんどん時間が過ぎる。
今年ももう終わる。
今年は2枚CD出した。
キューバ公演をした。
映画が国際映画祭で上映された。
そんな一年だった。

来年はわりと大きな美術の仕事があり、すでに準備が始まっていて忙しい。
それと関連した創作活動の一環で登山も忙しい。

来年はまたCD作りたい。

IMG_1655

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2015.12.07

12月18日に笹久保伸×青木大輔、代官山でライブします。
かなりラテン系なイベントで楽しいはずです。
よかったらぜひ遊びに来てください。
※席に限りがあるのでご予約はお早めにお願いします。
(詳細は以下)
——–
『SUEÑO DEL BARRIO』が送るラテン・ライヴ・パーティ!
冬の夜、都会の片隅=バリオで密かに鳴り響く「魂」のラテン音楽。
12月18日開催「スエニョ・デル・バリオ・ライヴVol.1」は、ペルー・アンデス音楽とアフロ・キューバン・ジャズの実力派2組によるバリオ・ミュージックの夜会。異なるラテンの調べが交錯するバリオの路地=カジェホンを、代官山の地下空間に演出します。

★1st Setは、ペルー・アンデス音楽を基軸に、現代音楽の領域へと刺激的な深化を遂げる秩父前衛派の二人組、ギタリスト、笹久保伸とサンポーニャの青木大輔が登場。まさに唯一無二の表現を描く鬼才たちによる感動の音世界!
★2nd Setは、サルサ界の巨匠、エディ・パルミエリ楽団に在籍していた最強のエレクトリック・ヴァイオリン・インプロバイザー、定村史朗率いるTOKYO LATIN JAZZ CONNECTION。メンバーには、日本のサルサ/ラテン・ジャズ好きで知らぬ者はいない実力派が結集。NYサルサ黄金期に負けない、濃密でスリリングなアフロ・キューバン・デスカルガを展開します!
予約:3,000円+1 drink別途
当日:3,500円+1 drink別途
予約の方は、会場の「山羊に、聞く?」までご連絡ください。
TEL:03-6809-0584 (14:00~23:00)
FAX:03-6809-0557
MAIL:info@yagiii.com
☆出演
1st set :笹久保伸(ギター)+青木大輔(サンポ―ニャ)
2nd set :定村史朗 (バイオリン)TOKYO LATIN JAZZ CONNECTION
奥山勝 (p)、澁谷和利 (b)、伊達 弦 (per)、岡本健太(Per)
☆DJs
ケペル木村、 宮田信
FBbanner_new2

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

2015.11.25

僕らが秩父でやっているアート運動の略歴を文字上にまとめてみました。
スポンサーを募集しています。(主に作品の制作費を募集しています。)
作品の依頼、購入、取材などもご相談ください。
——————-
秩父前衛派(Chichibu Avantist)

ペルーから帰国した笹久保伸が秩父にて2008年頃より始めたアート運動。
笹久保伸、青木大輔の二人を中心に、制作する内容によってメンバーが入れ代わりながらこれまでに音楽、映画、現代美術、写真、文筆、演劇などの表現分野で活動。
秩父地域が持つ根源的な『前衛性』に注目し、郷土・民俗・歴史・民間伝承・民謡・地域性・地域環境などの地域素材を第一フィールドとして調査研究し、
その第二フィールドをトラヴァースしながら「作品」という形でアウトプットする活動を続けている。

◎2008年〜2012年、秩父でのフィールドワーク調査活動。ペルー、チリ、イタリアで公演。音楽、詩、俳句、小説を作る。
◎2013年、多摩美術大学にて講義「20世紀美術論」を担当。
◎2014年、映画「犬の装飾音」「秩父休符」を発表。CD「秩父前衛派」発表。
◎金沢21世紀美術館の粟津潔展にて高橋悠治×秩父前衛派で公演。(2014)◎椹木野衣×飴屋法水の芝居公演「グランギニョル未来」にて音楽と役者を担当。(2014)
◎CD「すてたろう」および「秩父遥拝」発表。(2014)
◎2015年、CD「PYRAMID−破壊の記憶の走馬灯」発表。
◎2015年6月、キューバ公演。
◎2015年、映画「PYRAMID−破壊の記憶の走馬灯」発表し山形国際ドキュメンタリー映画祭日本プログラムにて正式上映。
◎2015年12月3日、秩父夜祭りの日に武甲山について講義。
◎2016年、瀬戸内国際芸術祭に正式招聘され個展。

FH000014

FH010010

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ